感染症とはどんな症状をいうのか?

感染症とはどんな病気?

 

感染症は、人の体の中に病源菌である微生物(細菌・ウイルス・真菌(カビ、酵母等)が侵入する事で起こる病気です。

 

目には見えないような多くの微生物が存在しています。その中でも人の体に悪影響を及ぼす微生物を病原体を呼びます。回虫やぎょう虫といった寄生虫が原因で起こる病気も感染症の一種になります。

 

病原体が人の体の中に侵入して、体内で増殖し始めると、感染症に感染した事になります。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

「顕性感染」といって、感染した場合にはっきりとした症状が出る感染症と、「不顕性感染」といって、感染してもはっきりとした症状が現れない感染症があります。

 

症状が出ない不顕性感染は厄介で、自覚症状がない為に感染源となり更に違う人へと感染を広げてしまうので、とても問題となります。

 

性感染症の中でもクラミジア感染症がどうして1番感染が広がっているかと言うと、自覚症状が乏しい不顕性感染のケースが多く、自分で気づかないうちにドンドンパートナーへ移してしまう事で、感染者が増殖しているのです。

 

また、クラミジア感染症に感染した状態になると、自覚症状がなくても、感染箇所は炎症している状態になり、別の感染症に感染するリスクが跳ね上がります。

 

こうした事からも、連鎖反応を起こして感染症の併発を起こしてしまうのです。様々な感染症の感染源はどうなっているのでしょう。

 

目に見えない細菌から身を守るための知識

感染源は基本的に、既に感染している人間や動物等の生物や、病原体がすみついてしまった物や食物などが感染源となります。

 

映画などで未知の病原体に感染した人を隔離しているシーンを見た事がある人多いと思おいますが、感染を予防する為の最善策は、感染源を消毒や隔離する事です。

 

感染源となっている生物が触れた物や食物に菌が付着したり、排泄物や嘔吐物、体液や血液といった病原体を保有している箇所に触れることが主な感染経路となります。

 

病原体を保有している人をキャリアと言いますが、病原体を持った人が必ず発症するかというとそうではなく、キャリアの中には発症しないケースもあります。

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

病原体の感染経路

病原体に感染するということは、病源菌が体内に侵入する事を意味します。感染を予防する為には、感染経路を把握し予防法をしっかりと実践する事です。大きく分けると基本的な感染経路は、3パターンあります。

 

①接触感染
病原体に接触する事で感染するケースです。皮膚や粘膜が病原体に直接触れる事で感染します。

 

間接的に病原体に感染するケースもあり、病原体が付着している、手やドアノブ、壁や電気のスイッチ、便座やボタン、蛇口など様々な箇所を経由する場合があります。

 

具体的には、汚染された食物、物、手、嘔吐物、汚物、触れ事から体内に病原体が侵入したり、キスやセックスなどの粘膜接触でも感染します。

 

サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、O-157、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎などは、接触感染が主な感染経路です。

 

HIVウイルス、クラミジア、淋病、梅毒といった性感染症は主に血液・体液・粘膜感染が主な感染経路です。

 

病原体をもった動物などの生物に、噛まれたり傷つけられたりする事で感染するケースがあります。犬に噛まれて感染する狂犬病や、蚊やノミやダニに刺されて感染するマラリアなどです。

 

②飛沫感染
風邪、インフルエンザ、おたふく風邪、風疹などは、病原体に感染している人が、咳やくしゃみ、話をしている時に飛ぶつば(飛沫)等に病原体が含まれており、それを吸い込むことで体内に病原体が侵入し感染します。

 

飛沫は1m~2m程度飛ぶので、感染予防としてはマスクを着用する事です。

 

③空気感染
ノロウイルス、麻疹ウイルス、結核菌などは、空気感染します。飛沫が蒸発し、空気中に病原体が浮遊し、呼吸をした際に浮遊した病原体を吸い込むことで感染します。

 

その他、母子感染といわれる、母親から子供へ感染するケースもあります。

 

性感染症(STD)

昔は、性病などと言われていましたが、法改正した事によって、セックスに関連した性行為によって感染する病気の事を性感染症といいます。

 

また、日本では性感染症の事を「STD(Sexually Transmitted Diseases」または「STI(Sexually Transmitted Infections)」と頭文字を取って呼びます。

 

自覚症状が出ないタイプの性感染症が気付かないうちに広がりを見せ、感染者数が増加しています。それでは、ジスロマックが有効な性感染症、クラミジアと淋病をご説明しましょう。

 

ジスロマックTOPへ