歯周病とはどんな病気?恐ろしい症状

歯周病とはどんな病気?

 

歯周病は、歯と歯茎のの境目に歯石などが貯まり、そこに菌が繁殖する事で感染する病気です。

 

歯周病になると、歯肉の部分が赤く炎症して腫れます。進行すると痛みを伴い、歯肉が下がってきます。

 

これにより歯の根元が露出するようになり、歯槽骨と呼ばれる歯の土台部分が溶け始める事で、歯を維持できなくなってしまい、結果的に歯が抜けてしまいます。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

また、日本人の約80%が歯周病に感染していると言われており、感染を予防することは困難となっているため、症状を進行させないようにする事が、とても大切です。

 

ジスロマックは、歯周病に効果的な抗生物質です。

 

歯周病、あなたは大丈夫ですか?

下記のセルフチェックを使い、歯周病度見てみましょう。当てはまる数を数えて下さい。

 

・寝起きの口の中が粘着く。
・歯磨きをすると出血がある。
・口臭が気になる。
・歯肉に痛みがあったり、ムズムズ違和感がある。
・歯肉が赤色で腫れている(通常はピンク色で締まってます)
・硬いものが噛みにくくなった。
・歯が長くなったような感じがする(歯茎が下がってきた)
・食べ物が良くつまり、歯と歯の隙間が目立ってきた。

 

上記の中から3個以上該当される方、油断しては行けません。常に予防を心がけましょう。

 

上記の中から6個以上該当される方、歯周病が進行している可能性があります。すぐに検査と治療を開始しましょう。

 

上記の中全てが該当される方、歯周病がかなり進行しています。早急に治療しましょう。

 

歯周病の原因

口内に生息している細菌は、300種類から500種類もの数がいると言われています。歯磨きが不足していたり、糖質を多くとってしまうと、口内が不衛生になり、細菌が口の中を粘つかせます。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

粘ついた物質が歯にくっつき、このくっついた粘ついた物質をプラーク(歯垢)といいます。プラークはしっかりとした歯磨きをしないと落ちません。

 

プラークが1mgあると、その中に生息している細菌は10億個もいると言われ、虫歯や歯周病の原因となります。

 

歯周病の最大の原因とされるプラークですが、このプラークが歯と歯肉の間の歯周ポケット言われる部分に溜まってくると、その中で細菌が繁殖することによって、周辺の歯肉が腫れ周辺の歯を溶かし、最終的には歯が抜けてしまいます。

 

プラークを取り除かないままそのままにしてしまうと、プラークは硬くなり歯石と呼ばれる物質になり、歯の表面に付着します。

 

こうなってしまうと歯磨きでは落とせませんので、歯周病を進行させる細菌が歯石の中で繁殖していくのです。

 

また、プラークや歯石以外にも、歯周病の原因となるものがあります。
・歯を噛みしめる
・歯を食いしばる
・歯ぎしりをする
・治療した義歯が合っていない
・不規則な生活習慣
・喫煙
・ストレス
・長期間、服用している薬がある
・その他の病気(糖尿病・ホルモン異常・骨粗鬆症など)
・遺伝

 

歯周病の進行状況

健康な歯肉
健康な人の歯肉は、薄いピンク色をした引き締まった状態で、歯と歯の間に隙間が目立たない。また、通常の歯磨きでは出血はしません。

 

歯肉炎を発症した歯肉
赤く腫れた歯肉に変わり、歯と歯の間の歯肉が腫れたことによって丸みを帯びてくる。歯磨きをする事で、出血する事があり、進行すると痛みを伴う場合がある。

 

歯周炎を発症した歯肉
赤く紫色の歯肉に変わり、歯肉が更に腫れあがり痛みを伴う場合がある。歯磨きをすると出血する事が多く、膿が出るようになる。

 

歯肉が下がってくることで、歯が長くなったように感じ、歯と歯の隙間が次第に増えてきて、食事をした時に物が詰まりやすくなる。

 

歯周ポケットが広がり周辺の歯槽骨が溶け始め、歯を支えきれなくなると抜けてしまう。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

歯周病になると口臭がキツくなる?

基本的に、臭いを発する原因は菌の繁殖によるものです。どんな人でも寝起きの口の中は、菌が繁殖している状態なので、誰でも口臭がきつくなります。

 

歯周病になると、歯周ポケットの隙間などに溜まった歯石やプラーク等に、大量の歯周病菌が繁殖し始めます。菌が増えると口の中で、菌が臭いを発するので、口臭がきつくなるのです。

 

最近、口臭がきつくなったような気がする。口の中がネバネバして気持ち悪くなることが多い等、違和感を感じるようになったら、歯周病のサインかもしれません。一度、歯医者さんで検査を受けることをオススメいたします。

 

 

歯周病とその他の病気の関連性

歯周病は、その他の様々な病気と深く関わっているとされています。
・狭心症
・心筋梗塞
・脳梗塞
歯周病原因菌によって、動脈硬化が進行しやすくなり、血管が詰まってしまう病気と深く関連していると言われています。また、歯周病は糖尿病の合併症の1つとされています。

 

口内から発生した内毒素が血管を通り、体中に散らばることで、様々な病気の原因となっていると考えられています。

 

内毒素とは、歯周病菌が死んだ後に残った菌の細胞に含まれた毒素を言います。こういった毒素を含んだ死骸が、血管を通り全身に回ってしまう事がその他の病気の原因になっています。

 

プラークや歯石をコントロールすることで、歯周病菌の数を減らし、コントロールすることが大切です。

 

歯周病は治る病気でしょうか?

昔は不治の病と言われ、歯周病は治らないとされていました。

 

現在では、歯周病治療も大分進み、治療も可能となりましたが、何よりも大切なのは、予防と普段のお手入れです。大切なことは、歯周病を進行させない事でしょう。

 

上記でも書きましたが、歯周病の最大の原因は、プラークと歯石です。毎日、正しい歯磨きをする事で、プラークを貯めずに、定期的に歯科で歯石除去を行うことで、歯周病菌の住みにくい環境を作ることが何よりも大切なのです。

 

また、歯科では保険適用外ですが、歯周病菌の殺菌に効果的な抗生物質がジスロマックです。

 

1週間から2週間程度の効果で、口内の歯周病菌を殺菌し、歯石やプラークを除去する事で、歯周病菌の住処を破壊しましょう。

 

こうした、歯周病菌のコントロールが歯周病治療にはとても大切です。

 

ジスロマックTOPへ