性感染症(STD)の予防法

性感染症(STD)の予防法

感染者数が増えている性感染症ですが、きちんとした知識を身につけることが、性感染症予防へつながります。性感染症予防や拡散を防止しましょう。

 

コンドームを使用する
コンドームを正しく使用する事で、性感染症の感染リスクを格段に下げる事が可能です。膣性交時にコンドームを着用するだけでは、不十分です。

 

オーラルセックスでも感染するリスクがあるので、オーラルセックス時からコンドームを着用することで、性感染症の予防につながります。

 

不特定多数と性行為をしない
不特定多数と性行為をする場合、感染リスクが格段に上がります。また、自分自身が性感染症に感染していた場合、様々な人に感染を広げてしまいます。

 

定期的に性感染症の検査を受ける
性感染症が爆発的に広まっているのは、自覚症状が乏しく、自分が性感染症に感染していると気付かずに性行為を繰り返すため、様々な人に感染を広げてしまっているのが大きな原因でしょう。

 

定期的に検査を受けることで、早期発見、早期治療と、感染拡大を防ぐことが出来るのです。

 

 

ピンポン感染にご注意

特定のパートナーがいる場合、片方が性感染症に感染すると、2人で性感染症に感染するリスクが高まります。2人同時に感染してしまった場合、片方が治療をして完治をしても、性行為を行うことで再度感染してしまいます。

 

治療を同時期・同時に行わないと、何時までたってもピンポン玉のラリーのように、お互いに完治しませんので、注意が必要です。

 

ジスロマックTOPへ